レモンシロップをしみこませて冷やして食べる「しっとりレモンケーキ」

簡単おやつ

しっとりレモンケーキ(20×25㎝の天板1台分)

シロップをかけて、冷やして食べるレモンケーキのレシピです。

材料

【ケーキ生地】

  • 薄力粉       150g
  • ベーキングパウダー 3g
  • 砂糖        50g
  • 溶き卵       2個
  • バター       100g

【レモンシロップ】

  • レモン汁      30g
  • 水         60g
  • 砂糖        60g

使用する調理器具(本日の洗い物)

  • ボウル2つ
  • ホイッパー
  • 天板
  • ゴムベラ
  • 小さめの鍋

使用する調理家電

  • コンロ
  • オーブン

作り方

  1. 大きめのボウルにバターを量り、室温に戻しておく。
  2. 卵も室温に戻しておく。
  3. 大きめのボウルとは別のボウルに、薄力粉とベーキングパウダーを量り、混ぜ合わせておく。
  4. レモンシロップの材料を鍋に入れて火にかけ、少しとろみが出るくらいまで煮詰める。
  5. 1に砂糖を入れて、ホイッパーでしっかり混ぜる。
    この時にしっかり混ざらないと、砂糖のざらざら感が残り、口当たりの悪いケーキ生地となってしまうので、気をつけましょう。
  6. 5に溶き卵を入れてしっかり混ぜ合わせる。
    卵の温度が低いと、写真のようにバターがダマになりやすくなりますが、この後小麦粉を入れることで、ダマはなくなりますので、あまり気にしなくて良いです。
  7. 6に3を数回に分けて入れ、ゴムベラでダマにならないように混ぜ合わせる。
  8. 7をベーキングシートを敷いた天板に流し入れ、170℃のオーブンで10分ほど焼く。
    少し固めの生地ですので、ゴムベラなどで生地を伸ばすように入れることをお勧めします。
  9. 焼けた8は、粗熱が取れたら適当な大きさにカットし、4で作ったレモンシロップを全体にかけて、冷蔵庫で冷やす。
  10. しっかり冷やして出来上がりです。
スポンサーリンク

保育園でも人気のおやつです

小さな子の中には、「モソモソするもの」「パサつくもの」を好まない子は意外と多いです。保育園のおやつにも、パウンドケーキや、マフィンなどの焼き菓子を提供することもありますが、モソモソ・パサパサが気になる子は、やはり食べが良くありません。

しかし、今回の「しっとりケーキ」のシリーズは小さな子でも食べやすいようで、喫食率がかなり高いおやつとなっています。

また、夏場は暑さから食欲も低下しがちであり、給食そのものも「冷やしうどん」や「さっぱりしたもの」が多くなり、摂取カロリーがどうしても低くなりがちなのです。

そこで、今回のおやつのような「高カロリー」のものをあえて入れることもあります。

給食の中では、おやつに高カロリーのものを入れることで、食事とのバランスをとることもあるのです。

さいごに

しっとりさせることで、パサつきが気になる焼き菓子も食べやすくなりますし、レモンを使うことで、さっぱりと食べることのできるケーキに仕上がります。

保育園に通っている子は、「酸味」に対して抵抗感が少ない印象があります。それどころか、「むしろ好き!」という子も多いです。

暑い夏に「さっぱり、しっとりのレモンケーキ」作ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました