ビートルートって実在する野菜!?マイクラ界では有名な『ビートルート』とは?

未分類

ビートルートと言えば、『マインクラフト』をしたことがある人であれば聞き覚えのある食べ物だと思います。我が家の子どもたちがマインクラフト、通称『マイクラ』で遊んでいるため、私も聞いたことはありました。

しかし、ビートルートが実在する食べ物であることは、お恥ずかしながらつい先日まで知りませんでした。今回は、そんな『ビートルート』について書きたいと思います。

多くの人が知っているマイクラ界でのビートルートとは

種から育てることのできる作物で、赤い実(?)をつけます。マイクラ界では、食べることで空腹を満たすことができます。

そして、↓このようなスープに加工することもできます。

こちらも空腹を満たしてくれます。

マイクラでは主に、

  • 小麦
  • にんじん
  • ジャガイモ
  • ビートルート
  • キノコ

などの野菜が存在しますが、この中のビートルートだけは私の中で謎の植物(?)だったのです。

ビートルートは実在した!?これがビートルートパンです!!

とある小売店で何気にパンコーナーを見ていた私はついに出会ってしまったのです。

これがビートルートパンです!

赤い粒々がビートルートと思われるものです。見た目では、何だか甘酸っぱそうだなと思いました。

この日は子どもたちにも、「ビートルートパン」をお披露目。『マイクラ』ではおなじみの食材ですからね。わが子たちも興味津々でした(笑)

今回はカンパーニュでしたので、オーブンで焼いてバターを塗って食べることに…。

実食!!

パン自体は非常においしかったです。肝心のビートルートは…無味????

「パン生地に負けちゃってるのかな??」と思い、わざわざ実を掘り出して食べるも…やはりわからん…(´;ω;`)

ナント!はっきりとした味がわからないまま食べきってしまいました。

食レポできないわ~私(´;ω;`)

と、いう事で…

ビートルートについて調べてみた

ビートルートは、ビーツ、テーブルビート、レッドビートなどの呼び名があります。

見た目は赤カブに似ていますが、赤かぶはアブラナ科であるのに対し、ビートルートはヒユ科の植物であり、両者は全くの別物なのです。

糖分が多く、甘みが強い野菜です。(砂糖の原料にもなります)

栄養

カロチン、ビタミンC、食物繊維、葉酸、カリウム など

効能

免疫力を高める、整腸作用、貧血予防、抗酸化作用など

産地

ヨーロッパからアフリカ北部、地中海沿岸。

6月~2月

ロシア料理のボルシチには欠かせない野菜なんですって!!

さいごに

ビートルートは、見た目の赤さから勝手に「甘酸っぱいもの?」と思い込んでいましたが、実際には甘みが強い野菜であることがわかりました。

言われてみれば甘みがあるパンだった(気がします…)

カブとは違いますが、限りなくカブに近く、煮込み料理や、サラダにも使うことができる万能な野菜です。

お恥ずかしながら私は『ビートルート』そのものを「ゲームの中の架空の野菜」と決めつけていたので、今回ビートルートを食す機会に出会えてよかったと思っています。

通常のスーパーではなかなかお目にかかることがない野菜ですが、実はネットで結構出回っているようです。

種から育ててみるもよし、 食べられる状態のものを購入するもよし(お値段は高めですが…)、気になる方は一度お試しを(*^_^*)

タイトルとURLをコピーしました