簡単だけれど「わりと本格的なガトーショコラ」を作ってみませんか?

焼き菓子

今回は、比較的簡単にできる『ガトーショコラ』のご紹介です。

「ちょっとだけ手間をかけて作りたい!!」

という方は、こちらを作ってみてはいかがですか?ただし、ガトーショコラを乳児に与えることはあまりお勧めできません。

チョコレートを食べる目安としては、カカオに対するアレルギーの心配がないことを確認したうえで1歳後半ごろから少量づつ与えるにとどめてください。

今回は、どちらかというと仕事家事、育児に頑張っている大人の方向けのほっと一息つくためのケーキになります。

市販のチョコで作るガトーショコラ

材料自体は、特別なものを使用しません。簡単に手に入るものだったり、かなりの確率で冷蔵庫に入っているものばかりです。

用意するもの(25㎝×20㎝の天板1枚分 約16人分)

  • 市販の板チョコ  200~220ℊ
  • 砂糖       40ℊ
  • 卵黄       4個分
  • 薄力粉      50ℊ
  • ミルクココア   10ℊ
  • バター      80ℊ
  • 卵白       4個分
板チョコは市販品でOK製菓用のチョコもありますが、コンビニやスーパーで簡単に買うことのできる「板チョコ」でOKです。食べる人の好みで「ミルク」「ビター」など選んでください。
甘さ控えめにしたい人はおすすめは、分量に砂糖も入りますので、ビターチョコですね(#^^#)
ミルクココアはこちらを使用しました


今回のガトーショコラにはミルクココアも入ります。製菓用のココアパウダーを使おうか迷ったのですが、ココアパウダーはお菓子作りのためにわざわざ購入することが多いです。中途半端に余ってしまっても使い道がなかったり、買いに行っても丁度よい量での販売がなかったりと、なかなか悩ましい材料だったりします。
そこで、お湯で溶かして飲むタイプのミルクココアを使うことにしました。

ココアは無くても作ることはできますが、ちょっとした風味付けと甘みがプラスされます。残ったらお湯に溶いて飲んでしまいましょう!!

作り方

①大きめのボウルに板チョコを入れて溶かし、ある程度溶けたところでバターも入れて一緒に溶かす。

②砂糖を入れてさらに混ぜる。

③湯煎から外して卵黄を入れて、混ぜる。

④ふるっておいた 薄力粉+ココアパウダー を3回くらいに分けて入れ、

ダマにならないように粉っぽさが無くなるくらいに混ぜる。

(この辺りでそろそろオーブンを180℃で予熱をしておきましょう)

⑤別のボウルに卵白を泡立てる。ここは、ハンドミキサーを使いましょう。手動で頑張れる人は筋肉痛覚悟で頑張ってください…。

角がたつ↓くらいが理想です。

卵白を泡立てるときに使用するボウルや泡立ては、水気や油汚れのないきれいで乾いたものを使用しましょう。汚れが残っていると、いつまでたっても泡立ちません。卵白をしっかり泡立てることができるかどうかによって仕上がりが大きく変わってしまいます。

⑥④のボウルに泡立てた卵白を2~3回に分けて入れ、手早く泡とつぶさないようにさっくりと混ぜていきます。

⑦オーブンシートを敷いた型に流しいれ、天板をトントンして中の空気を抜いてからオーブンで焼きます。(180℃20分)

⑧焼けたら、冷まして出来上がり!!(あれ?⑦の写真との違いがわからない💦)

では、切ってみましょう。

まずはシンプルに粉糖をかけて…。

お次はチェリーも添えてみました!

チェリーの赤い色が入ることで急にデザート感が増しました(笑)

スポンサーリンク

さいごに

  • 今回は四角の型(天板)を使用して焼きましたが、丸いケーキ型で焼いても、マフィン型で焼いても作ることはできます。ただし、型の大きさによって焼き時間の調整はしてくださいね。
  • 四角の型で作ると、スティック状のガトーショコラができ、かわいいワックスペーパーでキャンディー包みをしますとオシャレですね。
  • 一口サイズの正方形に切って、ワックスペーパーで茶巾のように包んでもかわいいかも(*^▽^*)
  • 作り方によっては一度にたくさんできますので、差し入れ用としても準備できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました