保育園給食の仕事

保育園給食室はこんなところ

保育園で給食を作る仕事「良かったこと」と「ちょっと残念だったこと」

調理師免許を取ってから20年以上が経つおやっとです。 若い頃は、飲食店での勤務が中心でしたが、結婚・出産・離婚を経てひとり親となってからは「保育園で給食を作る仕事」に落ち着いています。 保育園での勤務は今年で8年目を迎えましたが、基本的には...
保育園給食室はこんなところ

【保育園の栄養士・調理師・調理員、正規職員・短時間非常勤】勤務形態と資格で仕事に差があるのか?

保育園給食現場の採用の実態 「保育園の給食室」においての正規職員の数は非常に少ない傾向にあります。 元々、採用数自体も少ない職種ではありますが、その中でも正規職員(正社員)として採用をされている人はほんの一部に過ぎないのが現状です。 小規模...
保育園給食室はこんなところ

給食調理員 系列保育園のお手伝いに行く【保育園に系列園があるメリット】

保育園給食調理員の仕事は基本的には「閑散期・繁忙期」はありません。 行事食を作る日はもちろんバタつくものの、それも月1回程度です。 年度末には次年度の準備等があるため、多少は慌ただしくなりますが、「忙しい」というよりは「次年度に向けての園内...
保育園給食室はこんなところ

小規模保育園と通常の保育所との給食室の違いとは?【設備・採用面から考える】

私は保育園給食室で働き始めて令和3年度で7年目を迎えました。 はじめは小規模保育園(定員18名)での勤務でしたが、同じ系列で90名定員の保育所が開園したのと同時に異動して保育所での勤務をスタートして現在に至るのです。 小規模園でも給食を作っ...
アレルギー関連

アレルギー除去食ができる保育園は意外と少ないって知っていますか?

近年、食物アレルギー児が増えつつあります。私が勤務する園でも年に1~3名程度は卵や乳のアレルギーを持った子が入園します。 ちょっと重めなアレルギーを持つ保護者さんからは「除去食やってないの?」と疑問を投げかけられるのですが、保育園側にも「ア...
保育園給食室はこんなところ

給食室内の人気の業務・不人気の業務【仕事を選んではいけない】

保育園の給食室内で働いている私たちは、正社員であってもパートであってもみんなお金を頂いて「仕事」をしています。保護者や、園児から見たらみんな給食の先生なのです。 本来であれば、与えられた仕事をすべて行うことが基本であり、どんな仕事でもしっか...
保育園給食室はこんなところ

給食調理員の手はとっても大切です【ケガや傷のない手を目指す】

集団給食調理に携わる私たちは、安全な食事を提供するために自身の健康には特に気遣っています。 体調管理(感染症等にかかっていないか)はもちろん、自身の家族の体調(2次感染を防ぐ)にも気を使い、調理を行う「手」の傷にも注意を払っています。 今回...
保育園給食室はこんなところ

保育所等児童福祉施設への勤務職員にもついに慰労金が!!要件や金額等が明らかに【静岡県】

コロナ禍において医療現場で働く医療従事者には昨年度の段階で支払われている「慰労金」ですが、私が暮らす県でもようやく保育士など児童福祉施設で働く職員にも慰労金が支給されることが決定しました。 この「児童福祉慰労金」支給は自治体による格差がある...
アレルギー関連

保育園の食物アレルギー対応について【食物アレルギー児の保護者に読んでもらいたい記事】

(2021年5月に加筆しました。) 保育園給食を提供するにあたって、食物アレルギーは避けて通れない問題です。アレルギー児が入園した場合、どこまで対応するのかは園によって分かれるところでもあります。 食物アレルギーで最も多いものは卵、牛乳です...
保育園給食室はこんなところ

保育園給食職員に求められる意外なスキル【給食職員はご飯を作るだけではない】

今回は、知られざる「保育園給食職員」に求められる「意外なスキル」について書きだしてみたいと思います。 はじめに 皆さんは「保育園給食職員」と聞き、そのようなイメージを持たれますか? 多くは、 給食のおばちゃん 調理して片付けする人 位なイメ...