ライスジャー

衛生

保温機能付きのお弁当箱を購入 気になる食中毒は大丈夫なのか?

白米を保温する用途で使用する場合は、「熱々のご飯を入れる」ことで、食中毒菌が繁殖しやすい25~45℃を上回る温度をキープすることができ、安全にお弁当を食べることができます。白米以外のものは保温することで不要な汁が出やすく、それが原因で傷みやすくなります。保温するものは、白米だけにしましょう。また、おかずも同様で必ず保冷をして持ち運ぶようにしましょう。